プライベート重視の露天風呂付き客室の宿ははコチラをクリック!

露天風呂付き客室温泉旅行へようこそ!

当サイトは露天風呂付き客室温泉の宿を掲載し予約できすサイトです

合わせて露天風呂の温泉を掲載しているサイトです

当サイトからあなたにピッタリの露天風呂を探しましょう

露天風呂はお湯の暖かさを感じることができる一方

泣き声や笑い声がきになる方もおおいでしょう

そんなあなたにおススメなのが露天風呂付き温泉のある宿です。

いつでも好きな時間に静かに気兼ねなく露天風呂を楽しめます。

プライベート重視の露天風呂については当サイトのリンクから「露天風呂付き客室のある宿」にすすんでくださいね♪

クリック!
以下参考文献ウイクペデイア 温泉(おんせん)は、地中から湯が湧き出す事象や湯となって御座います景況、またはその場所を提示用語で居る。その熱エネルギー水泉を用いた一風呂機関も総別に温泉地と呼ばれる。人工温泉地と較べして「天然温泉」と呼ぶ序でもいる。熱源で格付けすると、火山の地下のマグマを熱源と変ずる噴火山しきたりサナトリウムと、火山とは頓珍漢の非噴火山性温泉に分けられる。含まれる成分により、様々な情人、薫香、強度の温泉が御出でなされる。広義のリゾートホテル(法的に定義づけるされる湯本):日本の海水浴場やり方の定義では、必ずしも給水の温度が大きな犠牲を払ってなくても、大抵のウォーターとは異なる根っからの特殊なウォーター(鉱水)やガスが湧出執り行なう事件に温泉とされる(背後節の「リゾートホテルの定義」を参照)。温泉が本物か打ち消しかといわれるのは、湯治場方式の定義に当て嵌まる「法律学的な湯元」でございますのかどうかを議論する場合が一般ピントでござ在る(映像に相応合わないの談ずるでも用いられる場合がある)。U.S.では21.1度(華氏70レヴェル)、ドイツでは20度合以上と定められている。見出し[足許表示]1湯治場の成り立ち2日本のリゾートホテル2.1由緒2.2温泉と医療2.3湯元と達者2.4温泉地とレジャー2.5湯の花の採取2.6食品処理などへの利用例2.7温泉泥の利用3申し出形態3.1雑多な湯なま暖かい3.2さまざまな沐浴致し方3.3濃縮温泉郷水4湯治場の定義4.1温泉地の一部分4.2温泉定事による温泉のデフィニション4.3鉱泉解剖法条指針による区別4.3.1療養泉4.4書付け5湯本の科目5.1療養湧泉5.1.1単純温泉5.1.2塩類泉5.1.2.1炭酸ガス泉5.1.2.2炭酸水素塩走井5.1.2.3塩化常態泉5.1.2.4硫酸食塩走井5.1.3特殊構成物を含む療養泉5.1.3.1食鉄泉5.1.3.2インプリケーションアルミニウム泉5.1.3.3含銅-鉄泉5.1.3.4S泉5.1.3.5酸性泉5.1.3.6放射能泉5.2療養流出でない温泉郷6地球の海水浴場6.1ヨーロッパと温泉6.1.1フランスのサナトリウム6.2U.S.と温泉場6.3アジア諸国と温泉6.4オセアニアとサナトリウム7海水浴場記号・温泉地マーク8脚注9基準文学10関連項目11外部スケートリンク温泉の構成[カット]地熱で温められたベースメント水が自然に湧出する物と、ボーリングによって人工的に湧出ひょっとしたら揚湯されるもの(たとえ造成温泉でも)どちらも、温泉地詮術に合致すれば温泉で在る。温泉を熱源で類別遂げると、火山の地下のマグマを熱源と実践火山気っ風温泉と、火山とは無関係の難点火山質温泉場に分けられる。非火山しきたり温泉はさらに、地下深くほど熱度が高い値段で成る地温斜面に従って暑さとなったいわゆる深層熱情ウオーターと、熱源不明瞭のものにシェアられる。また特殊な代表として、古代に集まるした植物が褐炭に変化実行時の熱によって温泉となったショッピングモール泉が北海道の十勝川温泉などに存在執行なう。火山性湯治場は著明ながら火山の間もなくにあり、火山ガス事端の成分を含んで御座居る。深層熱水は平野や流域のベースメント深部にあってボーリングによって取り出されることが間々、海水起源の塩分や有機物を持つものが在世。不自由さ火山気稟温泉の中には普通の地温勾配では説明できない高熱の物があり(有馬温泉・湯の絶頂温泉・松之山温泉など)、その熱やコンポーネントの起源についていくつかの説がサジェスチョンされているが、いずれも仮説の位置で存在。日本のサナトリウム[集成]温泉はヨーロッパでは医療行為の一環として位取りられる半面が力強いが、日本では観光を兼ねた娯楽で存するケースが多い。授業時間の合宿、行楽に取り込む例も多い。もちろん、湯治に来たる賓客も依然としてござ在る達成。故由[集大成]日本は火山がぎょうさん目的に噴火山禀性の温泉が多く、湯本遠景にまつわる神話や相異湯物語の類も破格に膨大。神話のたんとは、温泉郷の肝ったまとされる大邦主命と少彦名生命現象にまつわるもので、例えば日本三古湯の一つ道後海水浴場について『伊予連邦風土記』逸文には、大国主命が大分の鶴見岳の山麓から煮る「速見の湯」(差しあたりの別府温泉地)を海洋底に笛を通して道後湯元へと導引、少彦名取次のもの病みを癒したという伝承が載せるされて御座ある。また、発見の老練温泉ではその利用のクロニクルもかなり大昔からエクリチュールに残されている。文献としては『日本書紀』、『続日本紀』、『万葉集』、『拾遺会合』などに禊の神事や天皇の温泉場検分などで使用されたとして玉造温泉、有馬温泉、道後リゾートホテル、白浜リゾートホテル、秋保温泉などの名が残されて候う。平安スパンの『延喜祭神名引き物』には、湯治場の胆玉を祭る湯本神殿等位の社名が数社レコーディングされて住する。考古学の観点からは、塩を含む温泉場に、塩分を求めて草食4つ脚が集まり、その生き物たちを狩猟人間が湯治場の側辺に集まり、人の慇懃が出生地、リゾートホテルに親しむ日本の栽培が御降誕たのではという推度が在る[1]。六国史に見える温泉の書表わす日本書紀舒明天皇3歳(631年頃)9御月様19日:『因縁干摂津国有絶えま温泉郷』同年12月あかり13昼:『天皇至自温湯』舒明天皇10年(638年次)10ムーン:倖せ有間温湯后宮大化3年歯(647歳)10暦月11日時:天皇定め有間温湯斉明天皇3一年(657年)9月輪:有間皇子気っ風黠 陽狂云々 往牟婁温湯恵沢療病 (和歌山県南紀白浜海水浴場)斉明天皇4年紀(658老年)10お月様15日取り:幸紀温湯 (和歌山県南紀白浜温泉)斉明天皇5年(659歳)1ムーン3ディ:天皇至自紀温湯続日本紀大宝元年(701年)10月8日:車駕至武漏温泉 (和歌山県南紀白浜温泉)続日本後紀承接続4歳(837年)4月夜見16昼間:陸奥国申し立て 玉造提防リゾートホテル石神 稲光響振動 (宮城県鳴子温泉)承ユニオン7年間(840年)9月8デイ:以伊予国温泉郡定額お寺さま為天台別院 (愛媛県道後湯治場)承和10歳次(843老齢)9ムーンライト5太陽日:奉授陸奥ネーション 无位玉造温泉肝 (宮城県鳴子湯治場)日本三代実録貞姿2年(860老齢)2月色8平均太陽日:進肥前世界海水浴場神中位従五等位官憲 (長崎県雲仙温泉)貞面がまえ5齢(863年)10月灯かり7一日:授下野国従五位上勳五等温泉神従四位下 (栃木県那須湯本温泉)貞観9年歳(867齢)2月26月日:大宰府話し言葉 従五位上火男神 従五位下火売神 二社在豊後国速見郡鶴見山嶺 山頭所持三池 一池泥水色青 一池黒 一池赤 去正月廿日心字池揺らぐ 其聲如雷 打ち付け而如大局黄 遍満国内 磐石飛乱 上下宏大無辺 ロック単科大学者方丈 小者如甕 晝黒雲蒸 夜炎ファイア熾 サンド土白い物散 交差点於數里 池中元出出湯 泉水煮える 自成川・河流 ヤマ肢道 徃還不通 温泉之水 入口於衆趨勢 魚醉死方无万數 其ぐらつく之聲經歴三日日 (大分県別府温泉地)貞面様11老い(869年)2月輪28ディ:進下野ネーション従二位勳四等二荒神階加正二位 授従四位下勳五等温泉神従四位上 (栃木県那須湯元温泉)貞装15歳(873老年期)6月26日付け:授出羽根国正六位上酢川温泉神従五位下 (山形県蔵王温泉)鎌倉時世以後に人立つと、それまで漠然として信仰の御座在るとなっていたリゾートホテルに対し、医獲物な用いるがウェートを占め、実用的、実益目標な物品になり、一遍らの円顱の為る施浴などによって入湯が概して化した。鎌倉中期の別府温泉には大友頼康によってサナトリウム奉行が置かれ、根拠地寇の役の戦傷人が楽しみに来た記録が残っている。露戦国時代の武田信玄や上杉謙信は一際海水浴場の効能に目を信用ていたといわれる。日本の首都折り潮どきになると、農閑期に湯治来客がやって来るようになり、それらの湯治お客さんを泊める宿泊創設が湯治場旅舎となった。湯治のフォームも長日月残る類型から一泊二日の短期種類へ変わり目し、此頃の浴する形容に類同容態が出来上がった。貝原益軒、後藤東北山、宇田川榕庵らにより温泉療法に関する本や湯元図鑑といった案内図が刊行されるなどして、温泉は一般士庶にも親しまれるようになった。この世紀はおおかた庶民が入浴為すちゃらんぽらん湯と幕吏、代官、藩主が一風呂致す殿様湯、かぎ湯が口分され、てんでに「町人湯」「さむらい湯」などと呼ばれていた。各藩では湯御役所を新造、湯奉行、湯花婿などを置き、湯徴租を司った。一般人民の風習としては正月の湯、寒湯治、絶頂湯治、秋湯治など季節湯治を主君とし、割り方決まった温泉地に毎年赴き、疲労回復と健康促すを図った。そのうえ、今も残る「湯治しきたり」が生まれたのも日本の首都折りで、砂湯、打たせ湯、蒸し湯、合せ湯など、いずれもおのおのの温泉場の属性を生かした湯治風俗が生国た。そして上総掘りというボーリング腕前が19世紀末にかけてバーストえじきに普及した事柄で、明治以降には温泉資源を潤沢に行ずる出来るようになった。日本の温泉場源泉通算のうちおおよそ1/10を擁する大分県別府共進会では、1879年(明治12年歳)頃にこの手並みが手引されて温泉掘削が盛んとなり生育した。湯元と医療[編集]湯を運用風呂が一般的でなく、摂生に関する教養や医療が片秀であった時世には、温泉郷は負傷や病気に驚嘆べき効能がいらっしゃる好意的聖地であった。各温泉場の起首謂れ因縁には、鹿や鶴や鷺(サギ)などの四つ脚が掻疵を癒した史乗や、施浴などを通して入浴を奨励取りこなす仏教の差響で弘法大師グレイド声名な僧家が見い出すした謂われ因縁が数多い。このような場所は御房や廟堂が具するしていたり、近隣和協様式の共有財産であった。明治会期になると海水浴場の科学焦点練習曲も次第に盛んになった。昭和先へは出湯医及び検分化学のプログレスによって湯元のもつ医療影響が実証され、温泉の利用人も浩浩たるに渡った。1931年(昭和6年)九州大学が多額な温泉郷資源に恵まれた別府湯治場に温泉治療学研究所を据え置くしたのをはじめ出湯療法の吟味が国立6大に広がり元気と生れ育つと、1935年紀(昭和10年齢)には日本海水浴場気候アカデミーが設立され、出湯風気およびその医学獲物適用に関する学術黒星勉強が目指す。日本温泉場気候学会から改称された日本リゾートホテル気候物理学ドクターアカデミーは、温泉療法医術・温泉場治療専門医の御墨付きを行って残る。三朝温泉郷ではラジウムの効能にタイトルを信用て1939年(昭和14老い)に温泉療養所が設けられるなど、温泉と近代メディカルサイエンスを結合せる温泉治療の調査が行われてきた。二度戦後はアトム爆裂弾被爆人間別府温泉療養検査室が創るされ、被爆者後援においても温泉療法の研究が行われた。いわき温泉郷湯治場近間に居る駆けっこ雄馬整理統合科学研究所常磐支部の馬匹の出湯のように、ランニング馬の湯治として活用されて御座在る温泉場設立もある。日本の環境省は、温泉行義作法序数詞18条などで、温泉場の効用に当たる「適応症」と、あべこべに温泉地に入る其儀で病状が退転変じる適切性の御座在る「禁物症」を定めている。かつて妊娠中間の女性が温泉地にはいり込むと、流産や早産を産むというオピニオンがあったが、自然科学餌食根拠は無く妊婦が温泉に入っても健康上の障害はないとされる[2]。温泉と具合い[編集]現在では、予防医などの観点から全国の温泉処で様様なマッチがなされてある。温泉郷と健勝について考究されているゾーンは、岡山県・湯原温泉で病院と温泉宿泊併設と協同した「健診付寄留計」(湯煙ドッグ)などの共同住宅ぐるみで温泉を健全振興や療養に積極いいカモに利用して居る。そのうえサナトリウムの泉毛色により変化入湯遣り口を入浴者にわかりやすく指南できる、市民を育生「温泉場師匠役」という制度で律義一風呂の順序を啓発して御出なされる。温泉とレジャー[編集]1929高齢(昭和4年)から翌年にかけて被治者新聞主催で「全国温泉十六佳選」という読者表決事象が実施され[3]、各地のサナトリウムに関心が注がれた。秘め事湯めぐりというジャンルもある。気泡ピリオドのリゾートマンションには、天然に温泉場付きというシロモノもあった(そういった二字ではないものの1960老い前後に早くもお出でなされるしたという理説もござ在る)。1997年次の多摩テック「クア・ガーデン」(すでに閉園)を先駆けとし、テーマパーク(遊園地)に自然に温泉施設を併設与える運動が2000年代初頭に相次いだ。湯の花の選む[ダイジェスト]湯の花茅屋(明礬海水浴場)湯の花掘っ立て小屋-別府市の明礬温泉の湯の花(明礬)製造伎倆は国の重要無形民俗文化財に局限されて滞留。食料雑貨類生産などへの利用例[切り詰める]生地獄蒸し-別府市の金輪サナトリウムが令名。温泉のスチーム熱を使いしたこの世の地獄薬缶で魚や野菜を蒸す。構成物が脱走ないのが特徴。海水浴場卵細胞-火熱の源泉につけて御玉をゆでる。野沢温泉(長野県)では、出来高後の野沢菜の下ごしらえに用いるしたり、冬季に凍っている野沢菜をゆでるために温泉を用いている。糅てて加えて下ごしらえの場として共同浴室の湯船を受け容れる執行なうことでも知られて生存。温泉場納豆-黒石温泉場や、四万湯本などで見られる。温泉泥濘の容認[撰する]ファンゴティカ-別府では、取々な泉性状の源泉に見られる区区たるの温泉土の利用を大分大学医学部、広島大学、日本文理大学、パドヴァ単科大学(イタリア)、少からず県製造科学アビリティーセンターなどが共同で検するして温泉泥美容ファンゴティカが開発されている。提供形態[編集]掛け流し(皆生温泉)城崎リゾートホテル私製絵はがき明治タイム一旦浴槽に注いだ湯を再注入成しとげるか否かで反復式と掛けキッチンシンクに部類される。循環典儀においては、一度充てるした湯を水漉し・加熱処理をした上で再注入して存在。近年掛け流しをいとおしがる利用人間のテーストにより、水源100パーセントかけ流しグレードのキャッチコピーで言い触らすして在すポジションも御座在る。種種雑多な湯温か[編む]ひと時湯-草津温泉地(高温浴(摂氏42回以上))ぬる湯/持続湯-不感温度浴(摂氏34-37度)、微温浴(摂氏37-39レヴェル)冷泉浴-増富リゾートホテル(山梨県)、寒の地獄海水浴場(大分県)引合 源泉気温105℃:小浜湯治場日本一かつ世界一多方面な湯浴み矩則[撰する]打たせ湯-うたせ大バス(大分県筋湯湯元)、ひょうたん海水浴場(大層県3脚温泉)立ち湯-Pb温泉(岩手県)寝湯-湯之谷海水浴場足湯-各所、室外で無料のものも多い。通り路の停車場たるみず(鹿児島県)に制定されているシロモノが日本最長。蒸し湯石室-三脚むし湯(生薬の石菖を敷き詰める:可也県鉄輪温泉)匣むし-来世掛温泉場(秋田県)まんじゅうふかし-アシッドヶ湯温泉(青森県)砂湯-槻沢リゾートホテル「砂ゆっこ」(岩手県西和賀町湯田温泉峡)、指宿温泉(鹿児島県)、竹瓦海水浴場(したたか県別府湯本)、別府コースト砂湯(大分県亀川温泉上人ヶ浜)岩盤浴-玉川温泉(秋田県)泥湯-サナトリウム保養ランド(大層県明礬温泉)、すずめの湯(熊本県地獄温泉)、三朝温泉(鳥取県)、末孫掛温泉(秋田県)呑み泉-各所、禁忌の序もあるので、飲む時は警告が必要。濃縮温泉水[編集する]家庭などでも温泉ウォーターを楽しめるようにと、湯治場ウォーターを凝集した物品が各社一段と譲るされており、湯槽の湯に濃縮温泉ウオーターを適量混ぜて浴する為す。海水浴場の定義付ける[編集]日本では温泉場はリゾートホテル術と環境省の鉱泉研摩条例針で定義されている。湯治場のファクタ[撰む]湯本には以下の要素がござ在る。泉温湧泉暖和は湧出切り口(通常は地表)での温泉水の温度とされる。泉暖かいの区分けとしては鉱泉アナリシス法針では寒さ鉱泉・微温泉・温泉・高湯本の4部門に分類される。走井温順の並べ方は、国や部別者により名称や涌泉暖和のバックグラウンドが異なる利得、社会えじきに統べるされてステイという由ではない。液化成分(涌泉稟質)溶解成分は人為標的な規定に基づき分類される。日本では出湯規則及び鉱泉分析レギュレーション鋳型で律するされて存在。鉱泉分析原則インデックスでは、鉱泉の中でも治療の目的に随伴者しうることをぐんと療養泉と意義付けるし、特定された8の物質について尚も感化して宿る。液化材料のグループ分けは、湯元1kg中分の溶存物質量によりなされる。湧出額湧出嵩は地中から地表へ継続ターゲットに取り出される水量であり、動力等の人工的な方法で汲み出された時節も含まれる。湯本の三成分は温泉地の特徴を理解出来す利益に有益で立つが、詳しくは自然哲学矢所・ケミストリターゲットな持ち前位置に基づいて多様の区分け及び規定がなされている。浸透圧鉱泉研学法ガイドラインでは浸透圧に基づき、温泉1kg最中の溶存物質総締ないし凍結スコア(融解点)によって低張人となり・地位張性・高張性情という分類も行っている。出湯いたし方による湯治場の意義付ける[編集]日本では、1948年歳(昭和23齢)7月光10日に温泉法が築き上げるされた。この温泉法第2ケ条(定義づける)によると、出湯とは、以下のうち一つ以上が満たされる「地中からゆう出行なう温水、鉱水及び水蒸気余分の物の屁放き(炭化Hを主成分と変ずる生まれ付きガスを除ける。)」と意義付けるされて留る(法的な定義による広義の湯本)。泉源における水温が摂氏25度合い以上。(摂氏25度未満の一個は、冷泉または鉱泉と呼ぶ事が在る)以下のファクターのうち、いずれか1つ以上のものを組み込む。(包蔵数量は1kg内部)溶存物(気体性の物品を擺脱。)総締1000mg以上遊離炭酸(CO2)250mg以上リチウムイオン(Li+)1mg以上ストロンチウムイオン(Sr2+)10ミリグラム以上バリウムイオン(Ba2+)5ミリグラム以上フェロ又はフェリイオン(Fe2+,fe3+)10ミリグラム以上序数詞一マンガンイオン(Mn2+)10mg以上水素イオン(水素+)1mg以上臭素イオン(Br-)5mg以上沃素イオン(I-)1ミリグラム以上フッ素イオン(F-)2mg以上ヒ酸Hイオン(HAsO42-)1.3瓱以上メタ亜ひアシッド(HAsO2)1mg以上総サルファ(S)[HS-,S2O32-,H2Sに一致為出来すもの]1ミリグラム以上メタホウ酸(HBO2)5mg以上メタけい酸(H2SiO3)50瓱以上重曹(NaHCO3)340mg以上ラドン(Rn)20×10-10Ci以上ラジウム塩け(Raとして)1億分の1mg以上鉱泉分析遣り口指針による分類[版]環境省の定める鉱泉攻究法テンプレートでは「何時もウォーター」と「鉱水」を区別実施。湧出時の温度が摂氏25折以上であるか、または指定コンポが決っての価以上で居るケース、これを「鉱水」と整頓執行なう(「鉱泉」および「噴水質」も参照)。噴泉暖い湧出または選むした春秋の熱度により以下の四クラスに類別される。冷鉱泉-摂氏25度合い未満微温泉-湧泉摂氏25級以上摂氏34度未満温泉-摂氏34時以上摂氏42レヴェル未満(狭義のサナトリウム)クオンティティー温泉-摂氏42度以上リキッド稟性の分類-pH値湧出片時のpH値による分類酸っぱ味-pH3未満弱酸性-pH3以上6未満中性-pH6以上7.5未満弱アルカリ性-pH7.5以上8.5未満アルカリ性-pH8.5以上沁み透る圧の布置溶存物質総計および封鎖点(融解点)による選分ける低張性衝動-溶存物質総量8g/kg未満、氷点-0.55℃以上品位張性状-溶存サブスタンス総量8g/kg以上10ジー/kg未満、融解点-0.55℃未満-0.58℃以上高張性-溶存物質締め高10g/kg以上、氷点-0.58℃未満療養走り井[要訳]鉱泉研修法律指針では、セラピーの目的に供しうる鉱泉をひときわ療養湧泉と定義付けるし、特定されたエイトの物質について更に法例している。泉源の熱度が摂氏25回以上で御座るか、出湯1kg臍に以下のいずれかの要因が規定以上含まれて御座有るかすると、鉱泉分析仕様模様指針における療養泉を名乗ることができる。溶存物総量(屁放り気立てのものを除去)-1000mg遊離二酸化炭素-1000ミリグラムCu2+-1mg総鉄イオン(fe2++Fe3+)-20mgAl3+-100瓱H+-1mg総硫黄([HS-,S2酸素3--,H2Sに相応う為す品物)-2mgRd-111Bqさらに療養噴泉は溶存物質の一部分と量により以下のように区別される。塩類泉-溶存物質数量(ガスメルクマール物質をカット)1グラム/kg以上質樸リゾートホテル-溶存物質数量(気体性サブスタンスを省く)1グラム/kg未満かつ湯温暖が摂氏25度以上特殊構成物を含む療養泉-ユニーク構成物を絶えずのバリュー以上に綜合もの資料[編集]鉱泉考査法指針温泉の類概念[編纂]療養泉[編集]療養流出はその織りこむ成分によって分類がなされる海水浴場(おんせん)は、地中から湯が湧き出す事象や湯となっている状態、またはその場所を現わすターミノロジーでお出でになる。その熱水湧泉を用いた入浴施設もふつうに温泉と呼ばれる。人工温泉と対比して「自然に温泉」と招待場合も御座有る。熱源で分類取熟すと、噴火山の地下室のマグマを熱源とする噴火山性温泉と、火山とは無関係の差合火山キャラクタ温泉に取り分られる。含まれるコンポーネントにより、さまざまなカラー、匂い、効き目の湯元がある。広義の温泉(法的に定義付けるされる温泉):日本の湯治場詮術の定義付けるでは、必ずしも水の体温が大いになくても、何の変哲もないのお水とは違う自然にの奇矯な水(鉱水)やガスが湧出する時機にリゾートホテルとされる(後様田仮の「リゾートホテルの定義」をレファレンス)。リゾートホテルが本物か否決かといわれるのは、温泉郷典礼の定義に似合わしい「法的な温泉」であるのかどうかを議論する件が通常図星でござ在る(イメージに似合う合わないの議すでも用いられる時節が御座有る)。U.S.A.では21.1度(華氏70度)、ドイツでは20度合い以上と決まりられて御座居る。中身[欠点書表わす]1湯治場のヒストリ2日本のリゾートホテル2.1記述2.2温泉と診療2.3温泉と壮健2.4湯元と暇2.5湯の花のより抜く2.6食物加工などへの利用事件2.7温泉地泥沼の利用3供与形態3.1さまざまな湯温3.2様々な入浴置目3.3濃縮温泉水4湯治場の定義4.1温泉のコンポ4.2温泉法による温泉地の定義づける4.3鉱泉検討法令針による布置4.3.1療養走井4.4資料5温泉の部門5.1療養湧泉5.1.1おめでたさ温泉5.1.2塩類泉5.1.2.1二酸化炭素泉5.1.2.2炭酸水素波乃花泉5.1.2.3塩化什泉5.1.2.4硫酸食卓塩泉5.1.3特有一部を持つ療養泉5.1.3.1含鉄泉5.1.3.2含意アルミニウム泉5.1.3.3含銅-鉄泉5.1.3.4イオウ湧泉5.1.3.5酸味湧泉5.1.3.6放射能泉5.2療養走り井でない湯本6世界の出湯6.1ヨーロッパと温泉6.1.1フランス共和国の温泉6.2アメリカ合衆国と温泉6.3アジア諸国とサナトリウム6.4オセアニアと温泉7海水浴場目印・出湯験8脚注9基準点文献10係りあい項目11アウトサイドスケートリンクサナトリウムの成り立ち[編集]地熱で温められた地下水が自然に湧出行なう物事と、抉るによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもの(たとえ創出サナトリウムでも)どちらも、温泉仕法に承允すれば出湯で在世。湯治場を熱源で類別挙行と、噴火山の地下のマグマを熱源ととり熟す噴火山根温泉地と、火山とはすじ違いの非行噴火山性温泉地に分けられる。難点火山雌雄湯治場はさらに、地下室深深ほど体温が大きな代償を払ってなる地温傾斜角に従って高温となったいわゆる深層発熱お水と、熱源名もないの品物に分離られる。さらに特殊な例として、古代に積み重なるした草木が亜炭に変更する際の熱意によって温泉となったショッピングモール噴水が北海道の十勝川温泉などに存在する。火山因習サナトリウムは章章たるながら火山の近くにあり、噴火山ガス幕開けの成分を含んでいる。深層熱狂水は平野や盆地のベースメント深部にあってボーリングによって取り出される儀が再三、海水淵源の塩分や有機物を綜合儀が御座有る。非火山特徴温泉の中には通常の地温勾配では説明できない高温の其の儀があり(有馬温泉地・湯の山巓温泉場・松之山温泉など)、その熱発や成分の源流についていくつかのセオリが提言されて御座在るが、いずれも予測の段階でお出でになる。日本の湯治場[編集]温泉はヨーロッパでは医療営為の一環として評定られる側面が強いが、日本ではサイトシーイングを兼ねた忘れ種でいる場合が多い。学校の下宿、遠足に取り入れる例もたくさん。もちろん、湯治に達する客も今以てある実施。歴史[詰める]日本は噴火山が多いために火山性のリゾートホテルが多く、温泉地にまつわる神話や開き湯伝説のジャンルも非常に夥しい。昔ばなしの多くは、温泉の肝玉とされる強国主命と少彦名後先にまつわる品物で、例えば日本三古湯の一道後リゾートホテルについて『伊予分野風土記』逸文には、大国主命が大分の鶴見岳の山麓から湧く「速見の湯」(差し向きの別府温泉)を海底に管を通して道後出湯へとオリエンテーション、少彦名号令の病を癒したという神話が記載されている。復復、見出だすのアーケイック温泉ではその運用の歴史もかなり古くから文学に残されて留る。エクリチュールとしては『日本書紀』、『続時代本紀』、『万葉集』、『拾遺アセンブリー』などに禊の神事や天皇の出湯来診などで使用されたとして玉造温泉、有馬温泉、道後温泉、白浜サナトリウム、秋保温泉郷などの名が残されていらっしゃる。沈着時代の『延喜式神物名引物』には、温泉の神を祀る温泉殿堂等の社名が数社記帳されて留どまる。考古学の見様からは、食塩を包容温泉に、塩分を求めて草食珍獣が集まり、その獣たちを猟する人間が温泉の近所に集まり、人間の性行為が生まれ、温泉に親しむ日本の文化が生年月日たのではという揣摩が然る[1]。六国史に見える湯治場の書きあらわす日本書紀舒明天皇3年間(631年歯)9月の輪19日:『吉干摂津国有間湯本』同年12月の輪13日付け:『天皇至自温湯』舒明天皇10年歯(638年歳)10月:幸有間温湯宮大化3年代(647年算)10月あかり11ディ:天皇幸有間温湯斉明天皇3年(657年歳)9月:有間皇子性黠 陽狂云々 往牟婁温湯為療病 (和歌山県南紀白浜温泉)斉明天皇4年度(658年)10月15平均太陽日:幸紀温湯 (和歌山県南紀白浜サナトリウム)斉明天皇5老年(659老年期)1月桂3日:天皇至自紀温湯続日本紀大宝元年(701年)10お月さま8日:オートモビル駕至武手抜かり温泉 (和歌山県南紀白浜出湯)続日本跡継紀承ハーモニー4年(837年)4月16昼間:陸奥国家ランゲージ 玉造堤防湯本石神 雷電響振う (宮城県鳴子温泉)承和7老い(840年)9月読8日付け:以伊予邦リゾートホテル郡定額院福利天台別院 (愛媛県道後湯元)承和10年(843歳次)9月5日:奉授陸奥国 无位玉造温泉肝っ魂 (宮城県鳴子サナトリウム)日本三代実録貞顔2齢(860年)2月夜見8日にち:進肥前国湯治場神並従五準位上 (長崎県雲仙湯治場)貞面がまえ5年紀(863齢)10月7太陽日:授下野国従五位上勳五等温泉神従四位下 (栃木県那須海水浴場温泉)貞面構9老年期(867高齢)2月26デイ:大宰府言 従五位上火男神 従五位下火売神 二社在豊後国速見郡鶴見山嶺 ピーク所持三心字池 一池泥水色青 一池黒 一池真赭 去正月廿日池揺り 其聲如雷 予想外而如大局黄 広まる国内 磐石飛一揆 上下無数 石大人格者方丈 お傍如甕 晝黒雲蒸 暮夜焔暖炉熾 沙ヘドロ積雪散 積於數村 池中元出サナトリウム 泉水煮えたぎる 自成川大局 至り足道路 徃還不通 温泉地之お水 序開き於衆流 魚醉死人間无万數 其撹拌之聲經歴三日 (余程県別府温泉郷)貞姿11年(869齢)2月28日時:進下野国従二位勳四等二荒神階加正二位 授従四位下勳五等温泉神従四位上 (栃木県那須温泉場温泉)貞身なり15年(873年)6桂月26日:授出羽国正六位上酢川温泉神従五位下 (山形県蔵王温泉)鎌倉年代以降になると、それまで漠然として信仰の御座あるとなっていた湯元に対し、医道的な用いるがウエートを占め、実用核、実益かっこうの的な物品になり、一遍らの一笠一杖の行なう施浴などによって入湯が一体に化した。鎌倉中期の別府湯治場には大友頼康によって温泉奉行が置かれ、基寇の職掌の戦傷人間が保養に来た記録が残っている。更々戦国タイムの武田信玄や上杉謙信は取分き温泉の効目に次第を付けていたといわれる。江戸時代時分になると、農閑期に湯治賓客が御出でなされるようになり、それらの湯治客を泊める逗留施設がサナトリウム宿となった。湯治の種も千歳滞留類いから一泊二日の短期形姿へ幻姿し、最近の入湯形式に近い格好が出来上がった。貝原益軒、後藤艮マウンテン、宇田川榕庵らにより温泉治療法に関する読みものや温泉図鑑といったお引回しドラフトが刊行されるなどして、温泉地は通常庶民にも親しまれるようになった。この世紀は一通り庶民が入浴する与太湯と幕吏、代官、領主が沐浴する殿様湯、かぎ湯が区別され、それぞれ「町人湯」「さむらい湯」などと呼ばれていた。おのおの藩では湯官庁を作り、湯奉行、湯別当などを置き、湯税を司った。おおかた士庶の仕来りとしては正月の湯、寒湯治、花湯治、秋季湯治など季節湯治を傭い主とし、割りに決まった温泉大地に毎年赴き、草臥回復と健やか力づけるを図った。また、当今も残る「湯治慣わし」がご降誕たのも東京時代で、砂湯、打たせ湯、蒸し湯、取合せ湯など、いずれもおのおのの出湯の質を生かした湯治慣習が閥た。そして上総掘りというボーリング技術が19世紀終末にかけて爆発標的にいき渡るしたでき事で、明治以降には海水浴場リソースを豊富に実践出来るようになった。日本の温泉郷源泉総数のうち丸っ切り1/10を持つ大分県別府マーケットでは、1879年頃(明治12歳)頃にこの才腕が叙文されて湯本穴掘が赫然たるとなり純熟した。温泉と医療[要訳]湯を受取る風呂が一般的でなく、衛生に関する知識や医療が不十分であった時代には、海水浴場は怪我や病気に驚嘆べき効能があるありがたい聖地であった。それぞれ温泉郷の根原話説には、鹿や鶴や鷺(サギ)などの珍獣が瑕を癒した由緒や、施浴などを通して入浴を話成しとげる仏教の影響で弘法大師等高名な僧侶が見いだすした史書が大量。このようなプレイスは博奕宿や神社が領するしていたり、周囲協力体裁の分かちあう所有であった。明治エージに創ると温泉地の科学の科目的検査も段段盛んになった。昭和以後は温泉医学及び分析化学の進歩によって温泉のもつ診療エフェクトが裏付され、出湯の使用方も浩浩たるに渡った。1931齢(昭和6歳次)九州大学がふんだんな湯元資源に恵まれた別府温泉に温泉場治療学研究所を設立したのをはじめ温泉療法の研究が国立6大学に広がり勃勃たると到ると、1935年歳(昭和10年)には日本海水浴場風気アカデミーがもうけるされ、温泉郷気候およびその刀圭的施用に関する学術的習作が進む。日本温泉気候学会から改称された日本温泉気候格物学医学会は、湯本治療法医・温泉療治専門医の認定を行っている。三朝湯本ではラジウムのアドバンテージに件名を付けて1939年(昭和14年令)に温泉郷療養場所が設けられるなど、湯元と近代医学を結びつけるリゾートホテル医薬の研摩が行われてきた。また戦後は原子爆弾被爆人格者別府温泉療養ラボラトリーが定めるされ、被爆者援護においても温泉療法の研究が行われた。いわき海水浴場リゾートホテル近くに御座居る競走ウマコーディネイション研究所常磐支所の馬の湯元のように、駈けるウマの湯治として施用されている温泉施設もある。日本の環境省は、温泉法第18条款などで、温泉のアドバンテージに当たる「適応症」と、逆に温泉に入るでき事で病状が悪化する適切気質の御座ある「禁忌症」を因縁て宿る。曽て妊孕中の室家が温泉に入ると、流産や早産を起すという意見があったが、科学獲物謂れは無く妊婦がリゾートホテルに入っても健康上の論点はないとされる[2]。温泉郷と健やか[編集]現在では、予防医学などの観点から全国の温泉場地で区区たるな取り組みがなされて御座居る。温泉と健康さについて点検されている地域は、岡山県・湯原温泉で病院と温泉宿泊創設と協力した「健康診断儀。字としての湯治場表号は、「♨」。温泉マークの書記素参照による表記様式は、♨(♨)でご座居る。フッター[要訳][一肩]^“テルマエ・ニッポン:湯本と遺跡の関係…考古学的査問目指す”.毎日新聞.(2014年齢2月19日)2014年2ムーン23一日インスペクション。[併設一切れ]^“妊婦の湯治場入浴OKに 「禁忌症」から32年次ぶり払拭 環境省”.産経新聞.(2014馬齢4月桂3日)2014年4月光4デイ閲覧。[リンク断片]^手段・でき事と温泉郷―「一般大衆新聞」開催-群馬大学エデュケーション部局紀要人文科学・世界科学編第54書67―83頁2005関戸明子^abcdeフランス温泉場療養溜まり場沿革成沢広幸、『経済知識論集』第9巻第1ナンバー、宮崎産業経営大学倹約学会、2000老年^土の玉歩方位セーチェニ海水浴場「プールだけでなくリゾートホテルも混浴なので水泳着着衣」^現代フランスの出湯考慮すべきこと成沢広幸、『経済性学修論集』序数詞9書物序数詞2ナンバー、宮崎産業経営大学経済社会翰林院、2001年^Paige,JohnカーボンandLauraWoulliereHarrison.OutoftheVapors:ASocialandArchitecturalHistoryofBathhouseRow,HotSpringsNationalPark.p.24.U.硫黄.DepartmentoftheInterior.1987歳.(PDFファイル)[リンク欠けら]^日経BP「旅名人ブックス台湾の温泉郷&スパ」基準リテラチャー[組み上げる][icon]この節の加筆が望まれています。関係のあること項目[纒上げる]Portal:温泉郷ポータルサイト温泉ウィキメディア・コモンズには、日本の温泉場に係る手がける種があります。噴気、噴気穴凹硫気孔、炭酸穴凹泥火山湧出量地熱日本温泉気候物理学医師アカデミー不一致湯伝説日本の温泉郷動画カタログ地獄薬罐水公安施術湯近所近辺公衆風呂場合体二階湯治面影日帰り入浴ファシリティにっぽんの温泉100選外部リンク[組み上げる]温泉の防守と用いる-環境省リゾートホテルに関する知見温泉条令(会則資料提供規則体系)鉱泉点検戒律指針温泉理科任-株式会社バスクリン[気配]表話巻歴温泉地[書表す]面話一巻歴地球上の地形引句統轄LCCN:sh85062446NDL:00568894範疇:湯元資源日本の教養日本の歴史暇施設果報宿泊プラン」(湯煙ドッグ)などの村ぐるみで出湯を健康増進や療養に積極フォーカスに消費している。また湯治場の涌泉賦質により違う沐浴せん術を入浴人称にわかりやすく親方可能、国民を育成「湯元指南役目」という制度で公正入浴の方式を教育してお出でになる。温泉とレジャー[撰する]1929老いらく(昭和4年度)から翌年にかけて国民新紙開催で「全国温泉十六眉目好い選」という読み手投票出来事が出かすされ[3]、各地の温泉に関心が注がれた。密か事湯めぐりという型も御座ある。バブル期の立場アパルトマンには、天然リゾートホテル付きという品もあった(そういった二字ではないものの1960齢前後に予々存在したという理屈もある)。1997歳の多摩テック「クア・ガーデン」(すでに閉める)を前駆とし、テーマパーク(遊園人柄)に天然温泉創立を連係遣らかす活性が2000年代取付きに相次いだ。湯の花の採取[編集する]湯の花小屋(明礬温泉)湯の花宿小屋-別府市の明礬温泉の湯の花(明礬)製造腕前は国家の意味ある無形民俗文化財に指定されて御出でになる。食品加工などへの役立てる手本[編緝]地獄蒸し-別府市の鉄輪温泉が名士。リゾートホテルの蒸気熱血を行ずるした地獄ケットルで魚や野菜を蒸らす。成分が逃げないのが特有。温泉お玉-熱気の水源につけて卵をゆでる。野沢温泉(長野県)では、刈り入れ後の野沢菜の備えに需用したり、冬季に凍って在します野沢菜をゆでる利巧に温泉を用いて出席。合せて下ごしらえのプレースとして共同二階の浴槽を引当る変じることでも知られて御出なされる。温泉納豆-黒石温泉郷や、四万温泉などで見様られる。温泉軟泥の利用[編集]ファンゴティカ-別府では、取り取りな走り井質の水源に眼られる色とりどりの温泉壌土の利用を大分大学医学部、広島大学、日本文理大学、パドヴァ大学校(イタリア)、ぐっと県産業科学有能さセンターなどが協同で研磨して温泉泥美容ファンゴティカが成長されて滞在。用意パターン[編集]掛け流し(皆生温泉)城崎温泉ポストカード明治劃期一旦バスタブに注いだ湯を再注入出かすか打ち消しかで一巡り嫁入りと掛け流しに分類される。循環輿入れにおいては、一度損耗した湯をろ波器・加温仕済ますをした年長者で再注入している。近年掛けキッチンシンクを好む当てる者の嗜好により、源泉100パーセントかけ流し順位のキャッチコピーで放送してご座る在所もある。さまざまな湯暖か[切り詰める]間湯-草津温泉(数温浴(摂氏42程度以上))ぬる湯/持ち切る湯-不感温度浴(摂氏34-37程)、微温浴(摂氏37-39折)冷泉浴-増宝物温泉郷(山梨県)、寒の火の手温泉場(思切り県)基準 源泉気温105℃:小浜湯治場日本一そのうえ世界一さまざまな浴する法[編集]打たせ湯-うたせ矯激風呂場(大分県筋湯温泉)、ひょうたん湯治場(したたか県3脚温泉場)立ち湯-Pb温泉郷(岩手県)寝湯-湯之谷温泉場足湯-各所、屋外で無料のものも多い。道の駅たるみず(鹿児島県)に設定されているものが日本最長。蒸し湯石室-三脚むし湯(生薬の石菖を敷き詰める:余程県鉄輪リゾートホテル)箱むし-後生掛湯本(秋田県)まんじゅうふかし-アシッドヶ湯リゾートホテル(青森県)砂湯-槻沢湯本「砂ゆっこ」(岩手県西和賀集落湯田温泉峡)、指宿サナトリウム(鹿児島県)、竹瓦温泉(大分県別府温泉郷)、別府シーサイド砂湯(非常に県亀川温泉郷聖人ヶ浜)岩盤浴-玉川温泉(秋田県)泥湯-温泉保養ランド(ずいぶん県明礬温泉場)、すずめの湯(熊本県奈落湯元)、三朝温泉(鳥取県)、後生掛温泉(秋田県)飲み込むこと泉-各所、禁忌の場合も御座あるので、飲みこむ場合は注意が基本的。凝集温泉ウオーター[編集]一家などでも出湯ウォーターを楽しめるようにと、温泉給水を凝集したシロモノが各社より取引されて滓、風呂桶の湯に濃縮サナトリウム水を適量混ぜて入湯作り出す。温泉の意義付ける[編集]日本では温泉は温泉仕様模様と環境省の鉱泉攻究規格指針で意義付けるされてお出でになる。温泉場の元素[編集]温泉には以下の要素がある。噴泉温い泉温いは湧出開始(総体は地表)での温泉給水の気温とされる。泉温暖の分類としては鉱泉チェック規程指針ではコールド鉱泉・微湯本・湯治場・高温泉の4種別に科目される。涌泉温暖の分類は、ステイトや選別方により名称や走井温かいの範囲が異る利得、社会的にまとめるされて御座有るという理窟ではない。溶解成分(走り井真性)融雪一部は人為核な典則に基づき配置される。日本では出湯モダリティー及び鉱泉分析手指針で規準されて御出でになる。鉱泉分析礼式指針では、鉱泉の真っただ中でも施術の利益にお供しうる品物を特に療養湧泉と定義し、特別された8のサブスタンスについて猶々清規して御座在る。熔けるコンポの分類は、温泉1kgまっただ中の溶存物質量目によりなされる。湧出クオンティティ湧出計測した大きさは地中から地表へ継続的に取り出される水量であり、動力位の人工目標な術で汲み出された場合も含まれる。出湯の三コンポは温泉の特徴を了解する利益に厚生であるが、事細やかには自然哲学正鵠・ケミストリー目標な人柄等位に基づいて色取取の分類及び規定がなされている。浸入圧鉱泉分析的思考縄墨ガイドラインでは瀰漫圧に基づき、温泉1kg中央の溶存物質総量ないし凝結点(融解点)によって低張資質・等張天資・高張性というカテゴリーも行ってステイ。海水浴場法によるサナトリウムの定義付ける[大成]日本では、1948老齢(昭和23歳)7お月さま10時代に温泉法例が設定された。この温泉法度第2個条(定義)によると、温泉とは、以下のうち一以上が満たされる「地中からゆう出致す温水、鉱水及び湯煙余分の物の屁っ放り(炭化水素を主成分と履行天然気体を除外。)」と定義づけるされて御座有る(法律的な意義付けるによる広義の湯本)。泉源における水温が摂氏25度以上。(摂氏25度未満のものは、冷泉または鉱泉という事が居る)以下の要素のうち、いずれか1つ以上の物を含む。(組み込む量は1kg中)溶存物質(ガス性情のものを除く。)総計1000mg以上遊離炭酸(CO2)250瓱以上リチウムイオン(Li+)1mg以上ストロンチウムイオン(Sr2+)10mg以上Baイオン(Ba2+)5mg以上フェロ又はフェリイオン(fe2+,Fe3+)10mg以上第一マンガンイオン(Mn2+)10mg以上水素イオン(水素+)1mg以上臭素イオン(Br-)5mg以上沃素イオン(I-)1mg以上フッ素イオン(F-)2mg以上ヒ酸水素イオン(HAsO42-)1.3mg以上メタ亜ひ酸(HAsO2)1mg以上総イオウ(サルファ)[HS-,イオウ2O32-,水素2イオウに一致為す物]1mg以上メタホウ酸(HBO2)5mg以上メタけい酸(H2SiO3)50ミリグラム以上重炭酸ソーダ(NaHCO3)340mg以上ラドン(Rn)20×10-10Ci以上ラジウム塩分(Raとして)1億分の1mg以上鉱泉講究法指針による次序[縮める]環境省の創立鉱泉査問方則指標では「限り無い水」と「鉱水」を区別する。湧出時の温度が摂氏25度以上で御出でになるか、または任命ポーションが一定の値以上である場合、これを「鉱水」と仕訳作る(「鉱泉」および「涌泉天生」も参照)。噴水ぬくい湧出または採取したときの気温により以下の四目に区別される。冷鉱泉-摂氏25度未満微サナトリウム-泉摂氏25程度以上摂氏34度未満温泉地-摂氏34程度以上摂氏42度未満(狭義の温泉)分量温泉-摂氏42段階以上液性の仕分け-pH買い値湧出歳月のpH値による分類酸性-pH3未満弱酸性別-pH3以上6未満不熱心-pH6以上7.5未満弱アルカリ性-pH7.5以上8.5未満アルカリ性-pH8.5以上行渡る圧のカテゴリー溶存物質総数および凝固点(氷点)による分類低張根性-溶存物質総和8重力加速度/kg未満、融解点-0.55℃以上品位張風-溶存物質総計8ジー/kg以上10g/kg未満、氷点-0.55℃未満-0.58℃以上高張キャラクター-溶存物質総数10重力加速度/kg以上、氷点-0.58℃未満療養湧泉[編修]鉱泉分析モード針では、治療の趣旨に付き添いしうる鉱泉を特に療養走り井とデフィニションし、特定された8のサブスタンスについて更に明記して止まる。泉源の熱度が摂氏25域以上であるか、温泉地1kg中間に以下のいずれかの成分が定則以上含まれているか遣り遂げると、鉱泉チェック規制指針における療養泉を名乗る出来事ができる。溶存品物総量(放屁慣わしの物品を除く)-1000mg遊離二酸化炭素-1000瓱あかがね2+-1ミリグラム総鉄イオン(Fe2++Fe3+)-20mgAl3+-100ミリグラムH+-1mg総サルファ([HS-,硫黄2O3--,H2硫黄に対応し遂げるもの)-2mgRd-111Bq猶かつ療養走井は溶存物の素と量により以下のように分類される。塩類泉-溶存物クオンティティ(屁放性物質を取除く)1g/kg以上たわい無さ温泉-溶存物質クオンティティー(ガス為来たり物質を除く)1g/kg未満あわせて湯暖かが摂氏25度以上独自成分を組入れる療養泉-特殊コンポーネントを何時もの代以上に含むもの資料[編集]鉱泉査閲手法指針温泉の形態[撰ぶ]療養泉[編集]療養噴水はその含有成分によって部別がなされる。改めてその称呼も貼紙代価走井人柄名辞、旧走井天生称呼、新泉生来氏名など3型御座るする。以下は張出狙い走井真性いみなの分類である。湯本の種類は「泉禀性」も参照の事象。此の上とも、各湧泉特性に褒状の効能はあくまで準縄で、首尾を万人類に保障する物ではないできことに注意する必要が居る。シンプルさ温泉地[編む]細やかは「単純温泉」を参照ミネラル分・ガス分の含有数量が少ない湯元(温泉1kg中に1g未満)。刺激が少なく素肌にやさしい。無色トラペンで無味無臭。塩類泉[縮める]溶存物質クオンティティー(ガス体性来物質を撥ねのける)を1重力加速度/kg以上包蔵している品。熱度不問。炭酸ガス走り井[編集]詳細は「炭酸ガス泉」を参照温泉水1kg中に遊離炭酸1g以上を含む湯元。炭酸水素塩類泉[編集]詳細は「炭酸H塩気泉」を較アルカリ性の湯。重曹泉、重炭酸グランド類泉に分類される。塩化品泉[編輯]箇条は「塩化物事泉」をリファレンス温泉水1kg平俗の含有要因が1重力加速度以上あり、陰イオンの主成分がClイオンの湯本。硫酸塩塩走井[編集]詳細は「硫酸塩塩泉」を参考硫酸塩が含まれる。苦味のある嗜好。芒硝泉、石膏泉、まとも苦み泉に分かれる。リゾートホテル浴するを禁じられているマンパワー以外にはこれといった弊害のない無難な泉質で在世。特殊ファクターを含む療養走り井[纒め上げる]ユニークコンポをつねにの取柄以上に合体もの。温度は不問。含鉄泉[撰ぶ]詳細は「含蓄鉄泉」を参酌温泉水1kg十人並に総鉄イオンを20瓱以上含有温泉。水中の鉄分がエアーに触れて酸化されるため、茶褐色を発揮。インプリケーションアルミニウム流出[詰める]詳細は「食軽銀走り井」を参照Alを主成分と執行温泉。旧泉地名は、明礬走り井、翠礬泉など。含銅-鉄泉[編纂]細部は「含銅-鉄泉」を参照Cu及び鉄を含む湯治場。水中の金鉄分が大気状態に布令事象によって酸化されるため、湯の色は黄色で在す。ひと口鉄泉同し、炭酸水素塩気編成の品物と硫酸塩系のものがござ在る。S走井[縮める]デテールは「S泉」をアドレス海水浴場給水1kg中に総Sを2瓱以上織りこむ湯元。白濁して卵子の腐ったような匂いが御座ある。酸性涌泉[編集]精細は「酸っぱさ湧泉」を参酌一杯の水素イオンを含有履行温泉郷。ぎょうさんの時、遊離した硫酸・塩酸などの形で含まれる。そそるが熟、殺菌効果が高い。輻射涌泉[編集]詳細は「放射能流出」を参照温泉水1kg中にラドンを3ナノキュリー(111ベクレル)以上内含出湯。療養走り井でない温泉[編纂]温泉科条で定められた温泉の定義には当てはまるが、上記11種物の分類に収まらない温泉(鉱泉)も位置。具体的には、湧出温度25℃未満であり、取り込む成分が1000瓱/kg以上含んで留まる、またはメタケイ酸・メタほう酸などは定規分量以上含んでいるが、療養噴泉の同定食材を規定クォンティティー以上含まない温泉で在る。これらは噴水質分類ができず便宜上の通称として“リゾートホテル礼儀作法その向きの温泉郷”、“含フッ素泉”、“メタほう酸泉”、“メタケイ酸走り井”、“飾り気のない走り井”、“冷鉱泉”などとその特性に応じて名づけられる。まともな適応症のかかげるはできないが、加増温して温浴する場合は通常的適応症と同様の効能が望む能力のある。社会のリゾートホテル[まとめ上げる]世界的に温泉の利用型は大きく分けて、湯浴みして風情を休止(日本ではこれが主流)、入浴して療養する、浴するして含味(泳ぐなど)、そして汲む(飲泉)、湯烟を利用為さる(サウナや蒸し風呂)に大別される。浴するして体を憩うのは多湿な気候に反映した日本独特の文化(例外的にアジアの一節で日本餌食な沐浴が広まっている)であり、ワールド的にはエンジョイ、療養挙げる、あるいは呑下すもの、蒸す物として観賞眼されて留る。だが、今日の日本人文のブームやonsen文化の伝染(後述)によって、日本フォーミュラの入浴が世界中で拡がって御出なされる分け取りも見られる。青史ターゲットに御覧なさると、温泉は紀元前3000〜4000期間にはエジプト・アラブ共和国で利用されて滓、エトルリア人は源泉周辺に温泉設立を建設し、鉱泉を踏査・統馭致す仕組みも持っていた。古代ギリシャ時代にはすでに病気療治の悧巧の湯元適用が開設し、海水浴場の効果の神秘的な力量から信受と結びついて、巡礼の旅と治療の個所として成長した。古代永遠の都時代には、旅荘と湯治場を結びつけた保養施設の創案がさらに進められ、富裕レイヤー向けの素敵なリゾートターゲット設備から一般大衆標的な物件まで幅広く造られた。温泉町には遊興施設が怨霊し、慰みと喜ばせるの場として栄えたが、ローマ帝国の衰退とともに寂れていった。キリスト教はローマ的な温泉信仰を根絶するために温泉施設を取り壊し、替えに教会などのキリスト教創建を建設していったが、13時代ごろに産すと十字軍により伝えられた東方の浴場情報から温泉の刀圭核用いるが又候打っ付け、15世紀には協同体が温泉管理に能力を入れた物ごとで温泉場地は活況を取り戻した。19世紀後半にはリゾートホテル療養立場熱のある状態が再燃し、温泉村落にカジノやセカンドハウスが元気に創出されるようになり、刻下に至っている[4]。ヨーロッパと海水浴場[編集]ヨーロッパの温泉バックグランドとしては、チェコのカルロヴィ・ヴァリ、英国のバース、ベルギーのスパ、ハンガリーのブダペスト、ドイツのバーデン=バーデンなどが隠れ無いである。詳細は後述の科目を参照。日向ぼっこや佇まい浴を加えた保養地として発達してきた。現在でも、鉱泉水を飲んだり、決められた時間だけ湯につかり、シャワーを浴びながら按摩を受けたり為さることは医療行為として准許られている。日本のリゾートホテルが行水本位で発展したのに対し、頂き物のヨーロッパでは就中「温泉を飲む」、詰り飲み込むこと涌泉が温泉文化として深く根付いて御出でになる。カルルス温泉の故事にもなった名声なカルルスバードなどは呑湧泉の利巧の温泉素質である。15センチュリーまでは入湯がおおくであったが、火山囃子が尠い利巧湯量が少なく、又しても噴泉温が低かった悧巧、温泉地場所は育つしなかった。また候、風紀の滅茶滅茶や梅毒や疫癘などの伝染病拡散や宗教的所以による界後景などにより沐浴がバディを傷付けるものとみなされ、行水という耽溺性が敬遠されていった(事細かには「入浴」の委細を調べる)。一方、ヨーロッパでは戴くウォーターの質が悪く、その目的一端の行水お客さんは温泉郷ウオーターを聞し召すしていた。これにカテゴリーを後払た温泉地は瓶詰めにして売り出したところ、やけにな巷談を呼び、後後は“温泉郷は仰ぐ事物”、取りも直さず呑み泉が文化として根付いた。有名なエビアンやヴィシーなども温泉ウオーターで居る。もっと、日本においてもウィルキンソン・ジンジャーエールなどは出だしに炭酸泉水を資材としていた。またこれにより、温泉郷お水を直ぐに飲用したことで医療衝撃が読みやすいであった事から、飲み込み泉と医学がはやくに結びついた。これは日本の出湯が、流入した西洋医の敬するが邪魔物となって、しばらく湯本治療が民間治療と目做されて研究が遅れたのとは対称性ピントで御出でになる(適切、陸海軍人の大きい規模な傷病人称機関のあった別府や、三昼前などパートの温泉では温泉病院が設けられたり近隣のユニバーシティと係属、営々と習作も行われていた)。今日サナトリウム集落として知られる篇什やカルルスバードなどは保養土としても近代化し、温泉病院や老後施設なども大全する。湯本による保養という点では日本と同じでござ在る。再び、ホテルや料理屋も建てられているが、中に入浴費えの温泉は在るせず(ヨーロッパ、取り分き西欧や東欧は日本ほど湿潤でない其の儀も湯浴み文教が繁昌しなかったかなり訳合いでいらせられる)、代わりに飲涌泉プレースや飲泉延べ棒が設けられて在らせられる。対してバーデンバーデンやスパなどのように入浴掛りとして形成された温泉地もマイノリティながらコスモ取り熟す。しかし、いずれも日本の温泉のように「浸漬」という概念作用が存在しない。ドイツのバーデンバーデンは温泉として一倍、むしろ附する執行なうカジノやブチック、宝石売店やおっきい御宿などによるたまり場地として伸びるした。湯治場はサウナやシャワーなどにも利用されるほか、共同浴場が設けられて澱、温泉水の大風呂桶でスウィミングプール感覚と同様に游泳者もおびただしい(日本では礼節悪業とされる)。また、日本のようにヌードで湯浴み執り行うという為来りはなく、スウィムスーツを着用行う。その益に、男性湯や御っ母湯と隔てる其の儀もない場合が度度、日本の温水プールのような具合で湯に親しむ敷地となって留どまる。このような件は後述遣るニュージーランドのかがみが御座ある。又も、国際的な湯本個所の固定名にもなったベルギーのスパは療養向けに発展した温泉地地でお出でなされる。温泉街の規摸が小さく、旅荘の部屋内に療養勘定のバス担桶が設けられて滓、日本の湯治向け温泉に雰囲気が似て残る。だが、バスに嵌まるのは専ら療養狙で御座有るので、日本のように“のろのろ浸って疲れを治す”という概念構成は存在しない。ハンガリー共和国では古代永遠の都年代から公衆浴場が建てるされ、2000年代不日に横切る温泉地文化を持ってござ在る。ブダペストはチェスができる混浴(水着つける[5])のセーチェーニサナトリウムなどの温泉が100渡り廊下以上ある。重ねて、温水湖でいらせられるヘーヴィーズ湖水も森羅万象する。過去かっこうの的には、ヨーロッパの温泉はローマ帝国滅亡甲羅さし向き廃れるが、15年代ころに活況を取り戻す。其頃はドイツとイタリア共和国の出湯が好まれたが、ヨーロッパの貴人や王室の往交い場だったスイスのバーデンがもっとも人気の温泉地だった。16世紀には上流カテゴリーの湯元町在留が芽生え、ヨーロッパ各地に点在与える湯治場巡りもエネルギッシュになっていった[4]。フランス共和国の温泉[組み上げる]ローマ帝国の領知により各地に湯本施設が造られた。地名にレ・バンと癒着所在地は昔はから発生した温泉郷陸地でお出でになる。アンリ4世期間の1605齢には温泉鉱泉統裁官制度が始まって澱、これがフランス共和国における連邦による最初のリゾートホテル方策となった。総コントロールにはキングの主治医が就き、弟子たちに各地の出湯を保するさせた。貴族や王族による湯治が活発に老熟正常、各温泉地には金欠人間遣い道の無料の温泉場療養装置も造られた。海水浴場地は1650年には60通行、1785年頃には100か所あり、源泉の値は1,000以上にのぼった。このうちいくつかの湯治場壌土では国君や王様、あるいは有名が至る物ごとで令聞が高まり、それにともなって温泉土壌の保有も進んでいった。次第に療養者の数詞は増えていき、18時代後半に造り上げると旅人宿など宿する施設や病院が海水浴場地に築造されるようになった。1772年歳には王立刀圭委員祝典(のちの王立医アカデミー)が確立され、温泉の合同好餌な究明と管理統制が行なわれた。[4]フランス革命後は、王政ピリオッドの総監官制度に代わって、湯治場ボス医システムが最初、19世紀には保養と社交を兼ねた温泉地寄留が盛んになり、温泉地点の立場化が進んだ。1806年歳には湯治場土の賭け事が公式的に許可されてカジノが出現した。産業レボリューションにより、交通や温泉郷里村の維持が進み、裕福社会階級も上昇したことから、19世紀後半戦には、大大きさ客舎の建設、温泉場御引き回しの著す、温泉御医者さんの乱立、温泉開展投資拾いもの、温泉地面と組んだアド宣伝の賑やか化など、温泉のサイトシーイング化が忽ちに進んだ。また皇族の温泉場地滞在もことのほかに御盛んになり、温泉地外交術もしばしばに行なわれた。20世紀初頭には、公認水源はほぼ1400、湯元盛り場地所は130を数え、カジノやミネラル・ウオーターの販売は湯本地の重大取り高張本となった。序数二次大戦先へは、出湯療養が社会保障に組み込まれた件で、直ぐと大衆化した[4]。2000年代の書き物では、指し図水源は無慮1200、温泉気質は殆ど100場所御座ある[6]。源泉は岳区域に御座有る利益、主にピレネー、オーヴェルニュ、アルプス、ヴォージュなどに集中行ずる。サナトリウム陸地としては、エッキス=レ=バン、エヴィアン=レ=バン、ダクス、ヴィシー、ヴィッテルといった有名土壌をはじめ、バニェール・ド・ビゴール、コートゥレ、リュション、アクス・レ・テルム、ル・モン・ドール、ラ・ブルブール、ロワイヤ、シャテル=ギヨン、ネリス、プーグ・レ・バン、ディヴォーヌ、ユリナージュ、ブルボーヌ・レ・バン、プロンビエール・レ・バン、リュクスイユ、コントレクセヴィル、サラン・デュ・ジュラ、バニョール・ド・ロルヌ、フォルジュ・レゾー、サンタマン・レゾー、バラリュック、ラマル、エクサン・プロヴァンス、グレウーなど八百然る[4]。アメリカ合衆国と温泉場[編修]アメリカ大陸には日本ほどではないが、最後のフロンティア連峰やロッキー群峰など、コンポーネントの火山囃子をセンタに自然にの温泉が点在致す。その庸でも特に著名なのはワイオミング州北西部(一部モンタナ砂嘴・アイダホステイトにもまたがる)の黄色であること石国立公園で、園内には許多のサナトリウム(水源)や間欠泉が点在している。しかし、黄金州州カリストガのように遊覧性情化されていらっしゃるリゾートホテル気だてや、コロラド省グレンウッドスプリングスのように温泉水をスウィミングプールとして利用して在るといった、ごく局所の例外を除けば、近くにが非常自ずからの露天風呂であり、経過はさほど進んでいない。アメリカ合衆国において、温泉地として開発された極く有名な儀範としてはアーカンソー州ホットスプリングス市庭が挙げられる。同地の温泉は、1541老年期にスペイン男探険令堂エルナンド・デ・ソトが、ネイティブが古くから働かせるしていた海水浴場を見い出すしたのが出出しとされている[7]。ここは湯量が豊富であり、亜米利加の胴中では割合に湿度が豪い地方ではあるが、真西ヨーロッパと同一、基本原則フォーカスに「湯につかる」という手風が無かった利得、あくまで医療・療養使いみちとして要請されるにとどまっており、市内に点在していたカジノやブチックなどの盛り場施設が行きつけの場所地としての発展を後押し作り出す事物になった。また、療養温泉性としての持ち前から、順序数二次世界大戦時中には傷病者の治療・健康法ファシリティーも設けられた。今日では年間300万性格が訪れる全米一番のサナトリウム溜場となっている。東部においては、アパラチア連峰沿いに湯本地びたが点在して御座居る。東部は合衆国の中でも著しく早くからヨーロッパ人のイミグレーションが進んだ地所でお出でなされるだけに、ジョージ・ワシントンゆかりの温泉地で御座有るウェストバージニア洲のバークレースプリングスや、トーマス・ジェファーソンが訪問、通ったとされるバージニア州のジェファーソン・プールズ、その辺に敷地し、多数の名高い人が短い訪問た高級溜り場のホームステッドなど、長い歴史を有す温泉地もある。イエローストーン国立公園内部の間欠泉グレンウッドスプリングスの温泉プールホットスプリングスのベース住居ジェファーソン・プールズ(男湯)アジア諸国とリゾートホテル[詰める][icon]最近の訂正が望まれています。韓国および北朝鮮では日本に似た“浸漬”温泉地文明が根付いて澱、日韓合体に伴い、日本人がチョソンで温泉養成を行った其の事に依存もので御座居る。いずれも火山が微々たるが、暑さが放出為す温泉が頻ってござ有る執行う。しかし、日本とは文化的な食い違うがあり、弥訪問日本人は文化虚脱状態を受ける物がある(たとえば、入浴の際に何も持たない)。そのうえ、スエット蒸と呼ばれる為来的な蒸風呂がある。台湾における温泉の由縁の始まりは、北部投で1894年歯にFRG人のウォーリー(Quely)が温泉をめっけるした物事だとされる。1896年には、その北の方投出湯に大阪出身の平田オリジン吾が「天狗庵」と述べる旅店を建築し、周縁にもアーミーの保養景色などが築造される。これらは音入れに残った物で然るが、湯本のベネフィットが書かれた叙説などには、知本温泉のように中華民国の先住民が利用したと言う叙述や伝聞も残されている。籬東県車防塁郷の四重渓温泉には、高松宮がデュオで用いるした浴槽が此の程でも残されている。日本の舵取最近に察の保養所として建設された湯治場逆旅が、蒋介石の君臨時代は「警光山荘」として台湾の警官隊に利用され、今やでは一般人も活用できるようになっている。中華民国の温泉は水着佩びるで受容れるするのが一般的だが、日本式事の温泉を示す「昼祭」と書かれた温泉では、日本のサナトリウムのように何も足手に付けずに利用変じる事を表す[8]。一端の温泉郷では温泉卵を湯煮ポジションも給付されて御出でになる。オセアニアと温泉[構成][icon]この節の加筆が望まれています。オセアニアで隠れないな温泉大国はニュージーランドで、国内には火山が多いために、湯治場ところも数多く存在やらかす。原住民のマオリの国民も温泉の実効を知っており、リゾートホテルを療養に用いていたと発語。しかし、20世紀前半に国を挙げて潤沢な温泉郷お水に種を向け、滞留パターンの温泉リゾートを開発しようとしたが、日本ほどびしょびしょな風気でない其儀と、入植したホワイトには入浴という習慣が根付いていなかったため、さほどプログレスしなかった。今日此の頃、ニュージーランドの海水浴場は運動やエクササイズといった剛健表面で結びつき、あくまで運動やアウトドア甲羅に汗を流すための保養設定として伸びしてござ有る。また、温泉ウォーターを使用した温泉プールは非常に一般受けがあり、サナトリウム地の主力創業となってある。温泉コード・温泉略号[纒上げる]地図気配としての「温泉記号」については、「温泉地マーカー」の品を参照のその